2018年01月15日

共産主義というのは、実際には独裁国家です。

中国当局、キリスト教会取り壊す 「違法建築」理由に
⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000027-jij_afp-int

>当局者は「地元のキリスト教団体に信徒が自身の農地を提供し、団体は
>倉庫建築を装ってひそかに教会を建てた」と話し、地元当局の住宅部局は
>2009年に建築を差し止めたが、それまでに建物はほぼ完成していたと説明した。
>その後、このキリスト教団体の複数の関係者が有罪判決を受けたという。

>中国の信教の自由ために活動している米人権団体チャイナエイド・アソシエーション
>(China Aid Association)のボブ・フー(Bob Fu)会長は13日AFPに対し、

>「取り壊し作業には武装警察が動員され、教会の建物の下に埋める形で大量の
>爆発物を仕掛けた」と述べ、アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)や
>イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が穏健派の教会を迫害するような
>やり方だと指摘した。

>また、この教会の信徒は約5万人だったと付け加え、建物が取り壊された主な理由は
>教会が共産党当局への登録を拒否したためだと語った。

習近平体制が強固になることによって、どんどん独裁色が強くなってきています。
でも、中国は第二次世界大戦後、一貫しており、共産主義とかそういうものよりも、
「中国共産党」による独裁体制を常に堅持しています。

中国という国土も人口も広大な地域を治めるには、この方法しかないのかも
しれませんが、大昔から実質的な政治体制はあまり変わっていないのかもしれませんね。

そして、つくづく不思議なのは、日本のサヨクと呼ばれる人たちは、
こういったことに関心がありません。

それは、思想やイデオロギーで行動しているのではなく、
単なる反日で、行動しているだけだからです。

それに多くの人が気づき始めれば、日本が戦後レジームからの脱却に
大いに近づくと思います。ネットで情報を収集している若者に期待したいです。

posted by マスラオ at 07:29| Comment(0) | クソ国家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

香川県で鳥インフル発生。玉木議員の実力をご存知でしょうか?



【速報】香川の鳥インフルは「陽性」殺処分へ 今季全国で初
⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00010007-ksbv-l37

玉木議員と言えば、獣医師会から献金をもらい、加計学園問題を指摘していた人です。



この動画内で、玉木議員は今まで起こっていないという発言をしており、
青山議員は「起こってないから、対策とらないのは問題だ」と
当たり前のことを言っています。

この危機管理のなさで、どうして国民のためと言えるのでしょう。
獣医師が明らかに不足している四国で、鳥インフルです。

天に唾を吐く人間にはふさわしいですね。
重要なのは、このことを次回の投票行動にきちんとうつすということです。

posted by マスラオ at 23:58| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする