2018年06月19日

日本全体がキ〇ガイによる圧力にさらされています。



聞きましたか?
素敵な歌詞です。

これを軍歌としか感じられない人がいるみたいです。
(もちろん、フリでしょうが。)

作った方が謝罪し、「謝罪の仕方が悪い」とまた言われているようです。
この後、もっともっと踏み込まれるでしょうね。

某国を礼賛する曲を作らされるかもしれません。

日本には、日本人、某国人多数の破壊工作を企んでいるやつらがいます。
日本を味わうことを悪いことだと、洗脳させることが、ずっと日本では
やられてきました。そして、それは成功し、旧民主党政権が誕生しました。

天皇家と同じ空気を吸うのも嫌だと言った辻元清美が政権に関与するレベルです。

99%やられていて、当時の南朝鮮の大統領だった李明博は、
「お金の心配はもういらない。日本から、入ってくる」と言ったり、
「天皇陛下を土下座させる」と言ったりするレベルまで行きました。


でも、そこで「あれ?」と気づきはじめる人が出てきました。
それはそれは小さい炎でしたが、

安倍政権が誕生して、それから現在に至ります。
ほんの少しずつですが、変わりつつあります。

元に戻そうとしている奴らの悪あがきが続きます。
この曲を作った人も、いろんな人に「事なかれ」をするために
諭されたりしているでしょう。

一度、譲歩したらどんどん付け込まれます。

どこかの国に似ています。

あ、そういえば慰安婦合意したのに、人権問題として国連で取り扱おうと
している国がありますよね。


RADWIMPSのファンの方は、ぜひとも支えてあげてください。
多様性は宝です。(プロ多様性、プロ市民、プロ被害者は別)


ファンじゃない方も、ぜひ一度聴いてみてください。
日本人なら、心が、ふるえるかも。



250円で応援できます。
posted by マスラオ at 13:20| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

反日であることが普通の人たち

東方神起、ライブ中の“猿まね”でバッシング殺到「ライブは素晴らしかったのに台無し」
⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000018-reallive-ent

>しかし、今回ファンの間で問題視されているのは東方神起のリーダーであるユンホが
>10日の公演で行ったあるパフォーマンス。曲中、ユンホが鼻の下を伸ばし、
>両手を上げるなどして猿の真似を行い、それを会場にいたファンにも
>同じように行うようにリアクションを求めたのだ。

>東方神起においては、4月に発表された新曲『Love Line』のミュージックビデオの中に
>登場した世界地図から日本が削除されており、非難が殺到。

誰を好きになろうとも自由なので、構いませんが、
理解して欲しいのは、朝鮮人にとって、日本人を侮辱したり、貶めたりすることは、
日常なのです。

だから、彼らにとっては、ファンを猿だとバカにしても、「なぜ、ダメなのか?」と
思っているはずです。だって、同じ人間だと思っていないですからね。

それにどんなに侮辱しても、ファンでいる人がいるので、止める理由もないし、
むしろ、受け入れられていると考える可能性もあります。


>しかし、一方では「ユノは前から猿?ゴリラ?のマネしてます!
>こじつけもいい加減にしてください」「観客を楽しませるためのパフォーマンスでしょ。
>勘違いで批判しないでほしい」という擁護も見受けられた。

ということは、以前から侮辱行為をやっていたということなので、
日本人に対する侮辱行為はやっていいと思っているのでしょうね。


日本で災害が起こる毎に、歓喜の表現を行う国、国民であることを
知る必要があります。ことさら、どうしろとは言いませんが、
そういう人たちだと知る必要があります。

東日本大震災を「祝う」とわざわざ日本語で表記した人たちであることを
知っておいてください。

posted by マスラオ at 08:17| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする