2018年07月22日

近藤昭一さんは、天安門事件やウイグルの悲惨な状況を言っている???

構造を知っておくだけでいいです。

立憲民主党副代表「日本の若者には歴史を真剣に学んでもらいたい」―中国メディア
⇒ https://www.recordchina.co.jp/b626234-s0-c10-d0135.html

>「日本の若者には中国に来てもらって、真剣に歴史を学んでもらいたい。
>政治家として、日本の与党・政府に対して各国の青少年のためにより
>多くの相互交流の場を作るよう呼び掛けている。日中両国の若者が
>さらに互いの理解と信頼を深め、共に世界平和のために貢献することを望む」と語った。

中国に来て、歴史を学ぶって(笑)
簡単に身柄拘束されたりするのに。


日本の問題点は、立憲民主党の近藤昭一副代表を政治家にしている点です。
いかに日本人が政治に関心がないかがわかりますよね。


この手法は、戦後からずっと一貫してとられてきました。
どういうやり方かというと、自国民に中国のことを良く言わせ、
自国を悪く言わせるという手法です。


戦後すぐは、捕虜にした日本兵に対して、自己反省をさせる。
厚遇して、ほめたたえることで、あまりに行き過ぎた反省をするようになります。


「洗脳」の技術は中国は昔からやっているそうです。
(あまりレベルは高くないようですが)


そして、洗脳を終えた人間を返して、喧伝させるという仕組みです。


もちろん、ハニートラップの可能性もありますが、
立憲民主党は全員、反日ですので、単純に中国のいいなりなんだと思います。


ここでも、やはり安倍総理が言っている「戦後レジーム」の脱却が必要ですよね。
戦後ぐらいに、小学生、中学生以下だった人たちの洗脳は深刻です。

まずは、反日政党である、共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、自由党、山本太郎等を
政界に送り込まないことが重要です。

若いあなたの一票が本当に重要です。
今は、過度期で、混乱していますが、反日が減れば、本当に住みよい日本になります。


posted by マスラオ at 10:47| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

日本全体がキ〇ガイによる圧力にさらされています。



聞きましたか?
素敵な歌詞です。

これを軍歌としか感じられない人がいるみたいです。
(もちろん、フリでしょうが。)

作った方が謝罪し、「謝罪の仕方が悪い」とまた言われているようです。
この後、もっともっと踏み込まれるでしょうね。

某国を礼賛する曲を作らされるかもしれません。

日本には、日本人、某国人多数の破壊工作を企んでいるやつらがいます。
日本を味わうことを悪いことだと、洗脳させることが、ずっと日本では
やられてきました。そして、それは成功し、旧民主党政権が誕生しました。

天皇家と同じ空気を吸うのも嫌だと言った辻元清美が政権に関与するレベルです。

99%やられていて、当時の南朝鮮の大統領だった李明博は、
「お金の心配はもういらない。日本から、入ってくる」と言ったり、
「天皇陛下を土下座させる」と言ったりするレベルまで行きました。


でも、そこで「あれ?」と気づきはじめる人が出てきました。
それはそれは小さい炎でしたが、

安倍政権が誕生して、それから現在に至ります。
ほんの少しずつですが、変わりつつあります。

元に戻そうとしている奴らの悪あがきが続きます。
この曲を作った人も、いろんな人に「事なかれ」をするために
諭されたりしているでしょう。

一度、譲歩したらどんどん付け込まれます。

どこかの国に似ています。

あ、そういえば慰安婦合意したのに、人権問題として国連で取り扱おうと
している国がありますよね。


RADWIMPSのファンの方は、ぜひとも支えてあげてください。
多様性は宝です。(プロ多様性、プロ市民、プロ被害者は別)


ファンじゃない方も、ぜひ一度聴いてみてください。
日本人なら、心が、ふるえるかも。



250円で応援できます。
posted by マスラオ at 13:20| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする