2015年11月27日

「移民受け入れないと国が滅ぶ」 柳井正氏

こんにちは、マスラオです。

「移民受け入れないと国が滅ぶ」 ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000013-fsi-bus_all

柳井さんは、正直な方かもしれません。
普通、資本家というのは、意図を隠したりするのですが、
この方はインタビューにあふれているように、

自分のことというか、お金持ちのことだけを考えています。

最近、いろんな本で、金持ちが民主主義を壊すという本が出ていますが、
柳井さんもその考えだと思います。

面白いのは、この人が欲しがっているのは、ユニクロの商品を買う

          
        「ロボット」


が欲しいんですよね。わかります。伝わってきます。
生産人口とか言っていますが、給料を稼がないと、
ユニクロの商品を買う人がいなくなるからですよね。

わかります。

今後、2〜30年したら、今ある職業の半分がなくなるだろうとか
言われているのに、人口減少で生産人口が減る?

かなりのロボット化がすすみ、ユニクロもそうするでしょう。
おそらく、工場のリストラとかするでしょうね。

安倍総理は、最低賃金を上げたいと言われていますが、柳井さんは最低賃金を
下げたいと思っているでしょう(笑)

この人は、多様性ということを言っていますが、
この方の発想に多様性は感じられません。

きわめてシンプルですよ。
ただ、一点。金儲けです。
それに対して、最大のアプローチを図っていると思います。

別に金儲けが悪いと言うつもりはありません。

ちなみに、日本の消費者はもっと、消費行動に自分の意見を反映させるべきだと
思います。
タグ:ユニクロ
posted by マスラオ at 10:32| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

「狂気の沙汰」中高生らの清掃活動に誹謗中傷メール1千件…反原発派の“非常識”

こんにちは、マスラオです。

カルトたる所以ですね。

「狂気の沙汰」中高生らの清掃活動に誹謗中傷メール1千件…反原発派の“非常識”
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00000508-san-soci&pos=4

>活動の実施を告知した9月中旬ごろから、このNPOに誹謗中傷の電話やメール、
>ファクスが県内外から届き始める。

>「若者を殺す行為」「美談にすり替えた子供への虐待」「狂気の沙汰だ」−。
>中には、主催団体の関係者に危害を加えることをほのめかしたものもあった。
>10月末までに、こうした誹謗中傷のメールなどは、1千件にも上った。

カルトは、自分たちが「絶対善」ということに対して、疑いがありません。
矛盾も疑いもないのは、もはや人間ではありません。

そこに苦悩も、人に対する愛もありません。

自分の「善」を見せつけたい、誇示したいだけの「戦い」があるだけです。
こういった人たちは、戦う理由はなんだっていいわけです。
原発だろうが、基地だろうが、安保法案だろうが。

自分達の「思想」だけが絶対善であり、それ以外の思いや考えは「絶対悪」
なのですから。世界を不幸にする最先鋒です。

くれぐれも間違えてはいけないのは、反原発という考えがあるのではなく、
カルト的な人間が反原発活動をやっているということです。

これが混同されるために、『反原発は悪くないよな・・・』と
無用の混乱を招くのです。見極めるべきは、「カルト」です。
タグ:反原発
posted by マスラオ at 12:35| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする