2016年08月29日

一気に状況が揃ってきています。

こんばんは、マスラオです。
中国がどこまで本気なのか?

有事の際は、日本はアメリカ、ロシア、東南アジア、インドと連携して、
一気にやる必要がありかも。

中国、尖閣での法執行規定 刑事罰明文化 日本船「摘発」根拠に
⇒ http://www.sankei.com/affairs/news/160827/afr1608270003-n2.html

>中国の海洋進出に詳しい東海大学の山田吉彦教授は「中国側は尖閣諸島を
>自国領土と主張しており、規定は中国の国内法で、中国公船による日本領海内の
>法執行に法的根拠が存在することを示し、積極的な執行を促す意図がうかがえる。

>日本側は日本船の拿捕(だほ)、拘束などあらゆる事態に警戒すべきだ」と話している。

中国が日本の領海内で日本船を拿捕することができる法律を中国の国内法で
つくりました。明らかに日本に敵対する行為です。

信じられないでしょうが、これが中国です。

そして、この状況は日本に存在する反日集団の力添えもあってのことです。
ですから、ある法律がいつ発動しても不思議ではありません。



外患誘致罪です。

日本の領海内なのに、中国政府に関係する組織が日本船を拿捕する。
明らかに外患を誘致していますね。

沖縄の新聞二社とかぶりもので評判の沖縄知事、かなりの力になっていますね。

いやー、テレビや新聞では報道されない可能性があります。
尚更、ネットが重要な情報源になりますね。
タグ:外患誘致罪
posted by マスラオ at 00:51| Comment(0) | クソ国家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

あなたはどう思いますか?

こんばんは、マスラオです。

マスコミの人間の卑しさは、ネット上では周知の事実ですが、
高畑淳子さんの会見での質問をあなたはどう思いますか?


高畑淳子さん会見で「息子の性癖」を問う。記者はどこまで聞くのか
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00010003-bfj-soci&p=1
以下、上記URLより引用

・フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」 大村正樹キャスター
ーー裕太容疑者の性癖について、気づくことはなかったのか
ーー例えば性欲が強いとか、性的嗜好がおかしいとかは

・読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」 中山正敏リポーター
ーー性的な衝動を抑えられない、行動にブレーキがかけられないというようなところはあったか

引用終わり。

親が子供の性癖にどれだけ気づいていると思っているんでしょうね。
大村正樹キャスターは。

大村正樹キャスターには、子供がいるかどうかは知りませんが、
どれだけ、把握しているのか後学のために教えてもらいたいものです。


  「あなたの子供に性的嗜好でおかしいところはないか?」


とぜひとも母親に今後も大村正樹キャスターには聞き続けて欲しいですね。
もちろん、一般人にも聞けるでしょう。大村正樹キャスターは。
期待ですね。

>BuzzFeed Newsは、メディア倫理を専門とする青山学院大学法学部の
>大石泰彦教授に話を聞いた。

>「質問したことに対して批判されたときは、記者側もなぜ聞いたのか
>明らかにする責任がある。それができないのであれば、『取材の自由』と
>『報道の自由』の過剰行使とも言える」

>「犯罪報道は、将来同じような犯罪が起きないように、注意できるように
>するのが目的のはずです。記者が何のために事実を明らかにして、何が防げるのか。
>どう世の中のためになるのかを説明できないのに、相手に答えを求めることはできない」

なるほどと思いました。

ぜひ、なぜその質問をしたのか、明らかにして欲しいものです。
大村正樹キャスターは、すごく深い考えがあってのことでしょうから。

こんな本も出すくらいですから。

posted by マスラオ at 02:03| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする