2017年03月30日

社会的な圧迫をやっている武雄市です。

武雄市って、怖いところですね。

「ツタヤ図書館」批判の投書、市幹部らが投稿者宅を訪問
⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000021-asahi-soci

>レンタル大手「ツタヤ」を展開する会社が全国に先駆けて指定管理者を
>務めている佐賀県の武雄市図書館に関して、市民が市の施策を批判する投書を
>新聞にしたところ、「事実誤認」があるとして市幹部らが投稿者や家族を訪問した。

>市議会一般質問でも市議が投稿者を個人情報を交えて批判。
>こうした直接の働きかけについて「圧力になりかねない」
>「反論は紙面ですべきだ」という指摘がでている。

ツタヤが図書館業務に進出している理由は、ちょっとググってみてください。

それを踏まえると、こういった行為に出る人たちがどういう人たちかは、
理解しやすいかもしれません。



この世界に近づいている地区かもしれません。
何より怖いのが、

>3月6日に水町直久理事ら3人が男性宅を訪れた。
>男性は「一部説明不足や数字の誤りはあったが、自分の主張に間違いはない」
>などと話したという。

>翌7日には諸岡隆裕・こども教育部長が男性の家族の職場に行き、投稿内容について説明した。

すごいですね。ヤ○ザの手口ですよ。
「お前の家族の職場に押し掛けるぞ」

ということで、実際に押し掛けているわけです。
考えてみてください。あなたの職場に、公務員が
「あなたのお父さんの件で話があるのですが・・・」と押し掛けられたら。

すごいプレッシャーですよね。ヤ○ザの借金の取り立てと方法は一緒です。
発言している人間が引っ込まないから、家族を巻き込むという方法。

諸岡隆裕・こども教育部長すごいですね。なかなかできませんよ。

武雄市が税金を使ってやっていることがこれです。
posted by マスラオ at 11:28| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

宮古島市議フェイスブック炎上!「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件」

こんにちは、マスラオです。

宮古島市議フェイスブック炎上!「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件」
⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000504-san-pol

>石嶺市議は「宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない。
>米軍の海兵隊から区連を受けた自衛隊なのだ」として、陸上自衛隊が
>カリフォルニアでの演習に参加した際の写真を添付。
> さらに「私の娘を危険な目にあわせたくない。
>宮古島に暮らす女性たち、女の子たちも」と結んだ。

なかなかですよね(笑)

>私が批判しているのは、自衛隊員個々の人格に対してではなく、
>戦争のための軍隊という仕組みに対してです」

いまだにこういう考えの人がいるんですね。
平和が何もしなくても得られると思っている人が市議をやっていると
いうのがすごいですね。

「自分が正義だ」と思っていますし、こういった人が地獄を作っていくのでしょうね。
「地獄への道は善意で出来ている」という言葉の実践者ですね。

東日本大震災の時に泣きながら、子供の遺体を収容した自衛隊の方の存在とか
知っているのだろうか?と思います。日本のあちこちで災害が起こる度に
尽力している人たちへの配慮が全くありません。

他の人の力で、自分が市議になったことすら理解していないような考え方です。

こういう人が政治の場につくと危険です。
ドイツが「ナチス」と「共産党」を禁止しているのには、
ちゃんと理由がありますから。
posted by マスラオ at 14:31| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

マスコミが報道しない状況

沖縄に極左の暴力集団が居ると、警察が答えて、
しかも議事録に記載されました。
これは、かなりのレベルの事実として認識されることです。

テレビや新聞はほぼ報道しないでしょう。
一見の価値あります。

posted by マスラオ at 13:04| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする