2013年07月14日

東野圭吾さん 幻夜

こんにちは、マスラオです。

暑い最中、いかがお過ごしでしょうか?
今回は、書籍の案内です。今更ながらですが、

東野圭吾さんの「幻夜」です。



非常に楽しめました。
東野さんの文章は、乗ったら、非常にスラスラ引き込まれていくので、
人気があるのがわかります。読み手に謎や疑問点、やきもきさせる場所を
残すので、次を読みたくなります。

何か小説を読もうかな?と思った場合にはおすすめの作家です。

この「幻夜」ですが、もし読むのであれば、「白夜行」を先に読んでおいた方が
より楽しめます。幻夜自体も独立して、十分に楽しめますが、
白夜行を読んだ人間だと、ところどころに現れる影に何かを見出し、
よりワクワク感を感じることができます。



小説はどうも・・・。という方には、DVDがおすすめです。
WOWOWで作られたドラマらしいです。

内容は、ネタバレになるので書きませんが、いろんな立場の人間が
それぞれのために同時に、ガンガン動く模様をじっくり楽しめます。
非常に面白いです。






追伸:「白夜行」「幻夜」を読んだ後に思ったのが、『次がありそうだな(ニヤリ)』というものです。


posted by マスラオ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。