2014年06月13日

ブラジルのW杯の敗退を願います。

こんにちは、マスラオです。

4年に1度のお祭りサッカーワールドカップが開幕しました。
朝5時に自動的に目が覚め、我ながらビックリしました。

開幕戦を日本人審判が裁くことや、何と言っても開幕戦で開催国ブラジルが
どういったパフォーマンスをするのかを見たくて、しっかり見ました。

FWのマンジュキッチが出場停止で出られないのは残念でしたが、
モドリッチとぺリシッチのところで、何やら起きないかなぁと
クロアチアに期待を寄せていました。
(クラシッチはもうちょっと前でないと、活きない気が・・・)

前半最初のシュートはクロアチアで、気合が入っているのが見えて、
とてもワクワクしてきました。

今回のクロアチアは守備的ではありましたが、非常に素晴らしい戦いをしたと思います。
ブラジルという国は、試合中にサボるというか、スローな時間帯をわざとつくります。

日本は基本、相手に合わせてサッカーをするので、ブラジルのスローなムードに合わせて、
結果、普通の攻めをされても、緩急でやられるようなひどいことになるのですが、
今回のクロアチアは、ブラジルのスローに付き合わず、積極的にプレーして、
自分たちの時間帯を持つことができていたと思います。

これは本当に見習うべき点です。

さて、この試合の一番のポイントは、何といってもブラジル代表FWフレッジによって、
ブラジルにPKが与えられたシーンでしょう。

マスラオは最初に、フレッジにシュミレーションのイエローカードが出されるものだと
思ってみていたのですが、まさかのPK。
驚きでしたが、スローで見てみると、確かにロヴレンの手がかかっています。

手を使う行為は、審判によって個人差がありますが、PKをとる審判も割りといます。
ですから、今回の判定を誤審というつもりはありません。

ですが、やはりシュミレーションは見破って欲しいんですよね。

私はシュミレーションが大嫌いです。
それは、サッカーを冒涜している行為だからです。そこにはサッカーの技術はいらない。
フレッジは、そういう選手ですが、今回の試合にほとんど参加しておらず、
つまらない選手だなぁと思いました。

ブラジルは、よくマリーシア(ずる賢さ)とか言いますが、単なる実力不足のズルです。
自分がうまくできないから、シュミレーションをするなんて、本当にムカつきます。
今回のW杯の優勝国がどうなるかわかりませんが、サッカーを冒涜したセレソンを
負かすチームがいることを切に願います。

それと最後に、クロアチア代表を軽く見ていましたが、オリッチも本当に頑張って
いましたし(あのマルセイユルーレットはいらない。笑)、
よく戦いました。賞賛に値します。





追伸:シュミレーションって、一発レッドにならないかなぁ。シュミレーションを見たら、
   一気に醒めて、萎えちゃうんです。シュミレーションをやらない日本代表は大好きです。
posted by マスラオ at 19:06| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: