2017年06月14日

非常に興味深い発想

こんばんは、マスラオです。
ちょっと興味深かったので。

韓国の中学生「騒ぎ想像せず」 竹島問題で島根に手紙
⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000106-asahi-soci

>手紙を書いた3人はいずれも韓国南西部・全羅南道(チョルラナムド)の
>咸平(ハムピョン)中学3年の男子生徒で、同校の部活動「歴史クラブ」に所属。

>今年3月ごろ、日本の小中学校の学習指導要領改訂案で竹島が
>「我が国の固有の領土」と初めて明記されたとニュースで知り、

>「誤った歴史を日本の中学生たちが学ばされる」と危機感を持ち、
>歴史地理の教員あてに手紙を書くことを思いついたという。


これ、すごく興味深くないですか?

>「誤った歴史を日本の中学生たちが学ばされる」と危機感

例えば、他の国の人間が、誤った歴史を学ばされると危機感を抱きますかね?(笑)
非常に面白い。

自分達が正しいと思っていても、ここまではいかないと思います。
例えば、中国との領土問題で、こういったことが発生するでしょうか?

南朝鮮だと起こるかもしれませんが、少し考えにくいですよね。

おそらく、南朝鮮では「竹島は南朝鮮領だ」と教えている他に、日本人に対して、
偏見を持つような、反日教育や朝鮮民族はすごいんだという選民思想のような
教育が行われている可能性があります。

中学生が行動を起こしているというのも興味深いですね。

日本と南朝鮮の未来は間違いなく、お互いにとって良い方向に進みそうですね(笑)

posted by マスラオ at 21:10| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: